響ゼミナールは勉強と人生の目標を一つにする
コーチング型進学塾です!

将来、何をしたいのかわからない、だから勉強する意欲がわかない
勉強をしているのだけれど、成績が上がらない
どうやって勉強したらいいのかやり方がわからない

こんな悩みを抱えた人は塾に来てください
塾はどこも同じではありません

進学塾「響ゼミナール」の願い

 2020年、大学入試改革が実施されます。今回の入試改革においてはこれまでの知識だけが最優先の入試問題から考える力を問い、それを評価する試験に変更しようというものです。具体的には表現力、思考力、判断力が問われます。それは、子どもたち一人ひとりの心の「力」の教育を目指すものと言えます。響ゼミナールは、大学入試改革を踏まえて、お子様が自分は将来何をしたいかという願いとそのために勉強があることをつなげることを目的にしています。

進学塾「響ゼミナール」の指導方針

自分の未来を切り拓くために何のために勉強するのか、何をすればいいのかを明確にし、問題解決能力と目標達成力をつけられるようになる進学塾をめざします

1.勉強は何のためにするのかーその動機を確かにすることです。
目先の点数を取ることや周りとの比較・競争だけでは、本当のやる気が持続しません。響ゼミナールでは、子どもたちの願いを引き出し、勉強は人生の仕事とつながっていることに気づいてもらうために「やる気アップ講座」を実施しています。

2.高校受験、大学受験、英検取得はゴールではなく通過点です。

希望の高校や大学や資格試験に合格することは、確かに素晴らしいことですが何のためにその学校に入学するのか、その資格を取得してどうしたいのかが、次の人生のヴィジョンへとつながります。「合格して良かった」と思った瞬間から、次のステップが見えなくなり、気がついた時は、学力も低下しています。
響ゼミナールでは、常に自分の人生のヴィジョンに向かうように指導しています。

3.勉強という試練と向き合う強い精神力を育みます。
人間は、試練―思うにならないこと、苦手なこと、嫌なことに出会い、そのハードルを乗りこえることで成長していきます。その試練を先に大人が取り除けば、すぐに諦めたり、怠惰になったり、あるいは傲慢になったりして、試練を受けとめ、引き受けようとの心の「力」が育ちません。
響ゼミナールは、何よりもお子様が自発的に勉強に取り組めるようにカリキュラムを工夫し、一人ひとりのタイミングを見て可能性を引き出すように同伴しています。

響ゼミナールならではの特別システム

1.一人ひとりが自分の願いに気づくように「やる気アップ講座」を定期的に受講してもらい、その願いが持続できるように「準備された心」で新しい行動をスタートし、結果として成績がアップするように指導しています。
2.定期テストは公立・私立の学校別に対策授業をしています。たとえ一人でもその生徒さんに合わせて実施しています。
定期テストの時だけ、数学や理科を受講したい人のために個別授業が可能です。
3.遠隔地の方のために、授業に参加できない場合は、自宅で受講できるウエブ会議システム(ZOOM)授業を用意しています。

「塾長からのメッセージ」

響ゼミナールは、実績がある英語を中心に一人ひとりの生徒さんが自主的に勉強に取り組むことができるように、勉強は目先の成績や資格試験合格にとどまらず、人生の仕事と一つにする同伴をしています。一人ひとりにとっての最高の人生の一歩を今から自分の力でスタートをきっていきましょう!

プロフィール

甲南大学卒。大阪府豊中市の文教地区で塾経営、講師を20年経験し、2001年に神戸三宮で「響ゼミナール」を開設しました。「何のために勉強をするのか」を一緒に探すところからスタートし、理論立てた説明で子ども達の理解を促し、多くの演習問題で自信に繋げています。 この響ゼミナール独自のモチベーション維持と授業カリキュラムによって、希望校合格者を多数輩出させていただきました。英検対策講座においても、短期間の指導で合格者を続出させることができ、合格後には、さらなる英語学習を希望する子ども達も多いです。 響ゼミナールが実践する教育、それは「21世紀型教育」。子ども達ひとり一人の中にある願い、可能性を信じて引き出す教育スタイルです。どの子の中にも必ず願いがあることを信じ続け、あきらめることなく同伴しています。